The Conditional Relevance of Native Speaker Pronunciation in ELF Situations

Page No.: 
327
Writer(s): 
George O’Neal, Niigata University

In this study, I investigated the relevance of native speaker (NS) pronunciation for speakers of English as a lingua franca (ELF). ELF has been defined as any usage of English among speakers of different first language backgrounds (Seidlhofer, 2011). Research indicates that ELF is the most common usage of English in the world, and that it exceeds English usage among NSs (Ostler, 2010). This finding warrants the following question: If most people who use English are not NSs of English, and if most of its speakers use English with other people for whom it is not a first language, then how relevant are NS pronunciation standards for ELF speakers? Using conversation analysis (CA) to examine repair sequences in ELF interactions in which pronunciation is oriented to as a trouble source, this study found that NS pronunciation standards can become conditionally relevant during repair sequences in which the restoration of intelligibility is the goal.

本研究は、国際通用語としての英語の英語話者にとって、英語のネイティブスピーカーの発音はどれほど適切かを検討する。国際通用語としての英語は、第一言語が異なる英語話者の間の英語使用として定義される(Seidlhofer, 2011)。様々な研究が国際通用語としての英語はこの世界で最も頻繁に使われる英語になっていることを明らかにしている(Ostler, 2010)。この事実が次の質問を正当化している。もし英語を使うほとんどの人はノンネイティブスピーカーとしたら、またノンネイティブスピーカーは他のノンネイティブスピーカーと話すのに英語を使うとすると、ネイティブスピーカーの標準的な発音はどれほど適切だろうか。会話分析の方法論によって行われた本研究は、発音が問題の原因になっている場合、修復連鎖(repair sequences)において、ネイティブスピーカーの標準的な発音が、条件付きではあるが適切になると主張する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com