Teaching Literature in Translation in the EFL Classroom

Page No.: 
386
Writer(s): 
Kathryn M. Tanaka, Otemae University

In this paper, I consider two topics of EFL research: the use of literature in the EFL classroom and the recent movement to incorporate nativized material into the curriculum. Combining the advantages of these pedagogical tactics, I argue for use of mirror texts—L1 texts and their L2 translations. I demonstrate several ways in which the use of mirror texts, by providing a scaffolding of familiar cultural contexts, can provide a grounds for students to interact with language at concrete and creative levels and allow for productive engagement with both form and meaning. Finally, I offer practical suggestions on how to incorporate literature in translation into the classroom, drawing from my courses in literature taught at Otemae University in Japan. 

本論は、外国語としての英語教育において、二つの研究話題を考察する:EFL教室での文学の使用と近年流行のネイティブ化された資料をカリキュラムに取り入れる。この二つの指導法を融合し、本論は「ミラーテキスト」、つまりL1のテキストとL2の翻訳書を同時に使用する意義について論じる。よく知っている文化的脈絡を足場として、どのようにミラーテキストを使って、学生たちが具体的な、そして創造性に富んだレベルの言語を使い、言語の形態や意味に対して、積極的に関与していけるようないくつかの方法について述べる。最後に、著者が大手前大学の文学の講義にて用いるテクニックを紹介しながら、英訳された日本文学作品をどのように授業に活用できるかを提示していく。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com