Creating Supplementary Readings: JTE and ALT Roles

Page No.: 
433
Writer(s): 
Peter J. Collins, Tokai University; Gary Scott, Fine Tokai University

Reading materials that extend Japanese high school English textbook units can augment students’ grasp of unit contents (Suzuki & Collins, 2007) and encourage reading for communication purposes (Gee, 2001). For team teachers, however, creating supplementary readings can be challenging. Textbooks and traditions perpetuate the notions that (a) the goal of reading is to build knowledge of English itself and (b) materials creation for four-skills classes is outside the purview of assistant language teachers (ALTs). This paper introduces an original planning sheet that supports Japanese teachers of English (JTEs) and ALTs in collaborating to create readings. Narrative data from teacher interviews, a sample reading and worksheet, and a sample student writing outcome illustrate how a team at one school is shifting views of reading and norms of collaboration.

高校の英語の教科書のユニット内容を拡大適用するリーディング教材は、生徒のユニットの内容理解を向上させるだけでなく(Suzuki & Collins, 2007)、コミュニケーションのためのリーディングも促進させる(Gee, 2001)と報告されている。しかしながら、チームティーチングを行う教員にとって、補助教材を作成することは困難である。現在の教科書や教育伝統は、①読解の目標は教科としての英語の知識を構築すること、②4技能のための教材作成は、ALTの仕事ではない、という2つの概念を持続させてしまっている。この負の概念を払拭するために、本研究では日本人教員とALTが協力して教材を作成することに役立つ独自の計画案を紹介する。教員インタビューの談話データ、サンプルリーディングとワークシート、そして生徒の作文結果を基に、ある学校における教員グループがどのように読解やチームティーチングの見解を変化させていったかを検証する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com