online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teaching Intercultural Competence: More than Just Culture

Page No.: 
440
Writer(s): 
Fern Sakamoto, Aichi Prefectural University

Effective communication in today’s global society necessitates more than simple mastery of linguistic forms. With the growing diversity of language users, purposes, and domains comes a new complexity of ideas, assumptions, and cultural differences. This demands a more comprehensive approach to language education. In addition to linguistic competence, intercultural competence has become essential in order for individuals to effectively negotiate meaning with a range of interlocutors, and there are pedagogical implications for language teaching practice. The researcher looks at what global communicative competence entails and why intercultural competence is important. She proposes an “inside-out” approach to English education, encouraging students to recognise their own cultural filters in order to better understand those of others and be able to accommodate accordingly to facilitate effective communication. The paper describes a Japanese university course based on the inside-out approach and specific tasks and methods employed in the classroom to foster intercultural competence.

グローバル化の進展した社会において、効果的なコミュニケーションに必要なのは単なる言語能力以上のものである。言語の使用者や使用目的、そして使用領域の多様化が、言語使用者の思考や想定、文化的相違の新たな複雑化した状況を生み出しているからである。このことは言語の教育に、より包括的なアプローチを要請する。言語能力に加えて、多様な言語使用者を想定した異文化理解能力の育成が不可欠なのである。本稿は、まずグローバルコミュニケーション能力の特性を考察し、異文化理解能力の育成の重要性を提示する。次に、個々人に自己の文化的フィルターを意識させる「inside-out」アプローチを紹介する。文化的フィルターの意識化が他者の態度や立場、言語使用の相違の可能性の認識につながり、有意義なコミュニケーションを促進することを提案する。最後に、筆者が実際に日本の大学で行っているinside-out アプローチに基づくコースの教授法及び利用可能なタスクを紹介する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com