Online Speech-to-Text for Speech Training: The Perspective of Learners of English

Page No.: 
572
Writer(s): 
Joao Carlos Koch, Jr., Sapporo Gakuin University

This project analysed the effectiveness of a speech-to-text tool for language learning. Speech-to-text has existed for a while, and its main purpose is to allow users to dictate text in their native language with accuracy. With most tools, accuracy is enhanced through trainability; that is, the tool identifies the user’s pronunciation patterns and adapts itself to them. However, this is not desirable for language-learning situations because it would produce unrealistic, flawed feedback with decreased usefulness for the language learner. This research was conducted by choosing one tool suited to learners’ needs, which participants then used in an e-learning situation, with focus on speech training and phonemic and phonetic awareness-raising processes, guided by the tutor. Participants reflected on and evaluated the experience and the chosen tool. Results indicate that the experience is valuable and promising, although the tutor role is paramount in both providing feedback as well as promoting learner autonomy.

この研究では、音声・テキスト変換ツールを用いた語学学習法について述べる。音声・テキスト変換は以前より存在しており、これらのツールの主な目的は利用者の母語での口述を文章化するためのものである。多くのツールは訓練可能であり正確性を強化できる、つまり、ツールはユーザーの発音パターンを識別し、そのパターンに適応する。しかし、この機能は語学学習においては望ましくない。なぜなら事実とは違うフィードバックを与えてしまうからであり、これは語学学習者には有用性が低い。この研究では学習者に適したツールを選び、参加者はこれをeラーニングのコースで使用した。参加者は講師の指導によりスピーチ訓練と英語の発音を重点的に取り組み、その後この学習体験とツールを評価した。この研究で、この学習法は効果があり将来性があるものだということが明らかになった。しかしフィードバックを与えたり、学習者が自主的に学習できるようにする役割として、講師の存在は重要である。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com