Collaborative Stop Motion Projects for Academic Writing

Page No.: 
618
Writer(s): 
Marnie Mayse, Toyo Gakuen University; Patrizia Hayashi, Sarah Holland, Meikai University

Producing a stop motion animation (using students’ iPhones and free application software) in class offers an opportunity for a considerable range of learning outcomes. In this paper we explain how teachers can set up and use this kind of project in university classes to foster both academic writing and collaborative learning. We describe the challenges and outcomes of such projects. Stop motion projects, as a basis for writing, motivate students as they become more engaged and responsible for their learning. In the projects described here, the writing outcomes were process essays. We found that in these essays the students wrote enthusiastically, at greater length, and with greater care for accurate expression, which in turn resulted in richer vocabulary and a sense of achievement.

ストップモーション・アニメ(スマートフォンと無料アプリを使用)を講義に導入することは様々な学習の成果をもたらす。本論ではストップモーション・アニメを使った講義を教員がどのように準備し実践し、いかに学生の学術的文章の構成力や協働して学ぶ力を養うかを解説する。また、この講義に関わる問題点、成果も明示する。ストップモーション・アニメの作成を文章作成の材料に利用すると、学生は積極的に課題に取り組むようになり、自主性が高まる。このストップモーション・アニメを使った講義においては、文章作成という成果物はアニメ作成過程についての作文である。本研究では、ストップモーション・アニメの導入により、学生が意欲的に作文に取り組み、しかも、長い文章を丁寧に正確に表現する努力をするようになることが示されている。これにより学生は語彙を広げ、強い達成感も体験している。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com