online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Student Assessment Preferences in an ER Program

Page No.: 
661
Writer(s): 
York Weatherford, Kyoto Notre Dame University; Jodie Campbell, Kyoto Sangyo University

Assessing student progress in an extensive reading (ER) program can be a challenge. Popular assessment choices include assigning book reports or administering quizzes such as those available on the M-Reader website. This paper presents results of a survey in which 1st- and 2nd-year Japanese university students were asked which method they preferred. We begin with a brief overview of ER and an explanation of M-Reader. Next, we offer a description of the participants and the structure of the survey. We then provide detailed results of the survey in which a majority of students indicated a preference for M-Reader. The results also show that students who preferred M-Reader took more quizzes than students who choose book reports, and they also had a higher opinion of the pleasure of reading and the usefulness of graded readers. In the conclusion, we discuss ways of encouraging students to use M-Reader as the preferable assessment method. 

学生のエクステンシブ・リーディング(ER)の進度を評価することは難しい。良く用いられている評価方法は、読んだ本についてレポートを 書かせたり(Book reports)、M-Readerを用いて本の内容に関するクイズを解かせることである。本論文では、1,2年生の日本の大学生に対して行ったアンケート調査において、彼らがどちらの方法を好むかについて報告する。まず、ERについての簡単な説明とM-Readerについての説明をする。次のセクションでは、アンケートの参加者とアンケートの構造 について説明する。そして、アンケートの詳しい結果について説明し、過半数の学 生がM-Readerを好むことを説明する。その結果は、M-Readerを好む学生たちは、Book reportsを選んだ学生よりも、より多くのクイズを解き、課題の本に対して、より楽しく学び、有益であるという意見を持っていることが明らかになった。結論においては、学生たちに対して、より好ましい評価方法であるM-Readerを使うように促す方法について議論する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com