online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Feature Article: Critical Issues: A Survey of Topic Popularity among University Students

Page No.: 
5
Writer(s): 
Robert Ó’Móchain and Robert Perkins

 

Abstract

This survey study investigates the possibility of mismatches between critical pedagogical initiatives and learner expectations or fields of interest. Our opinion survey of 200 first and second-year undergraduate students at two universities in western Japan, explored preferences regarding 21 discussion topics. Fourteen of the topics were related to critical sociocultural (CS) issues while seven topics were related to interpersonal and intrapersonal (IP) concerns. The principal findings of the survey showed a significant preference for IP topics over CS topics. These initial survey findings may indicate a need for critically minded pedagogues to lay more groundwork in the classroom before initiating a syllabus that focuses on CS topics. Further research will provide qualitative data to explore reasons why learners may feel an aversion to sociocultural topics for classroom discussion.

本論は、教育者の教育構想と学習者の期待もしくは興味のある分野とのミスマッチの可能性を調査す。

この調査は西日本の2つの大学の1年生と2年生200人を対象に21の議論トピックに関する興味度を調査したものである。14のトピックは重大な社会文化(CS)関連問題で、7つのトピックは対人関係や個人の内面に関する(IP)問題である。調査の主要な発見事項は、学生たちがCSに関するトピックよりIP関連トピックのほうに大いなる関心を持っていることである。これらの調査結果は、教育者たちが社会文化(CS)のトピックに重点をおくシラバスを始める前に、もっと基礎作りに力を入れる必要性があることを示しているように思う。今後の研究では、学習者たちがクラスで社会文化的な問題を議論するのを嫌う理由を調査した質的データを提供する。

 

PDF: 
Website developed by deuxcode.com