online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Japan–Indonesia intercultural exchange in a Facebook Group

Page No.: 
29
Writer(s): 
Eric Bray, Yokkaichi University; Septina Nur Iswanti, LBPP LIA Semarang Candi, Indonesia

Abstract

Facebook has become a worldwide phenomenon and is currently the most popular social networking service by worldwide active users. Being so widely used, its potential for use in intercultural exchanges is promising. However, as yet there is little discussion of how Facebook can best be used in an intercultural exchange. A valuable feature of Facebook is the ability to create a Facebook Group where instructors have control of membership, and where activities designed to encourage language learning and greater cultural awareness can be implemented. This paper will describe and evaluate an intercultural exchange between university students in Japan and Indonesia that took place during 2011. The exchange was found to be beneficial because students were able to learn about another culture while improving their English.

フェイスブックはすでに世界的に認知されており、現在のところ、世界中で実際に使用されるソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)としては、最もよく利用されている。このように広く使用されていることを考えれば、それを異文化間交流に利用できることは明らである。しかし、どうすれば最も効果的にフェイスブックを異文化間交流に利用できるかと言う議論は、まだほとんどなされていない。フェイスブックの有益な特徴は、フェイスブックグループを作って指導者がその参加者を管理できること、そして、言語学習の助けとなり、さらなる文化の気づきを促すようなアクティビティの設定が可能なことである。本論では、2011年に行った日本とインドネシアの大学生同士の異文化間交流について、解説と評価を行う。学生たちは交流を通して自らの英語能力を高め、相手の文化について学ぶことができたことから、この交流は評価できると考える。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com