online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Religion in the ELT classroom: Teachers’ perspectives

Page No.: 
5
Writer(s): 
Kenneth Foye, Muroran Board of Education, Hokkaido

The appropriateness of certain discussion topics in language learning settings is an important consideration for teachers, and one of these topics is religion. This paper reports on a survey of nearly 300 ELT professionals to ascertain their views on the discussion or mentioning of religion in the language classroom. Respondents were questioned on their feelings regarding the discussion or mentioning of religion in class; this datum was cross-analyzed with the respondents’ indicated religious beliefs and countries/regions where they teach. In addition to gathering quantitative data in the form of multiple-choice opinion questions, the survey asked respondents to expand on their answers by providing written commentary which was examined for emerging themes and patterns of thought.

言語習得の場で提起される話題に妥当性があるかどうかは、教師にとって重要な問題である。その1つとして挙げられるのが「宗教」である。本論は約300名のEFL及びESL教師を対象とした調査報告で、語学の授業内で宗教について言及または議論することに関し、教師がいかなる認識を持つかを確認する目的で行われた。まず、調査対象者が現在教育している国や地域についてデータを収集した。次に、授業中に宗教に関する話題が出る頻度について、回答を求めた。最後に、授業中に宗教に関する話題が出ることに関し、どのように感じるかを質問した。このデータは、調査対象者の回答した宗教的信念に基づきクロス分析されている。多項選択式の質問により意見を選択する量的データの収集に加え、与えられた回答にとらわれない新たなテーマや思考パターンを検討するために、記述式の回答により回答の幅を広げることも試みた。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com