Investigating High School Students’ Self-Efficacy in Reading Circles

Page No.: 
15
Writer(s): 
Catherine LeBlanc, Kwansei Gakuin University

The purpose of this quasi-experimental longitudinal study is to investigate the effects of EFL reading circles on Japanese high school students’ reading self-efficacy and reading anxiety. The participants (N = 316), first-year students at a Japanese coeducational high school, participated in regular reading circles over the course of one academic year. Quantitative data were collected through questionnaires measuring reading self-efficacy, reading anxiety, and attitudes towards reading circles. A repeated-measures analysis of variance (ANOVA) was performed to evaluate changes in reading self-efficacy and anxiety. Reading self-efficacy was shown to improve significantly over the course of the academic year, while reading anxiety significantly decreased. Reasons for these changes are discussed.

この特定の被験者に対する継続的実験研究の目的は、日本の高校生の英文読解に対する自己効力感と不安感に、EFLリーディングサークルがどのような効果をもたらすかについて調査することである。316人の被験者は日本の男女共学の高校一年生であり、1年間を通して定期的にリーディングサークルに参加した。定量的データは、読解における自己効力感、不安感、そしてリーディングサークルに対する態度を測る質問票から集計されたものである。読解に対する自己効力感と不安感の変化を評価するために反復測定分散分析(ANOVA)が行われた。1年の間に、読解に対する自己効力感は有意に向上し、不安感は有意に減少した。本論では、こういった変化の理由についても論じている。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com