online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Will the New English Curriculum for 2013 work?

Page No.: 
9
Writer(s): 
Tim Stewart、 Kyoto University

 

Abstract

The Ministry of Education’s revised curriculum for 2013 details system-wide changes aimed at improving the content and delivery of English education. The proposed changes mark an attempt at designing curricula that are integrated from elementary school upwards. Central to the new curriculum guidelines is the concept of gengo ryoku (language ability), implying a coordinated focus on expression in Japanese across the curriculum. It is assumed that skills learned in the first language will transfer more easily to foreign language instruction. This article examines the new Course of Study for senior high school following a brief review of previous curriculum documents. The key concern is whether the new ambitious English curriculum can succeed. A number of issues surrounding this question are raised that point to the need for a fundamental shift in thinking about teaching, learning and educational policy in general.

 

2013年実施の新学習指導要領では、英語教育の内容や方法に影響を与えることを目的とし、システム全体の変更を詳述している。小学校以上の英語カリキュラムを統合するような新しいカリキュラムを作る試みが提案されているが、新学習指導要領の中心となるのは、日本語表現に重点を置くことを示唆した、言語力の概念である。第一言語で学習したスキルは、より容易に外国語にも移行するものと推察される。本論では、従来の学習指導要領も概観しながら、高等学校における新学習指導要領を検討する。主要な関心事は、この新しい意欲的な英語カリキュラムが成功するかどうかである。この点に関連する多くの論点が掲げられ、教授、学習、教育方針に関しての根本的な考え方の転換の必要性が指摘されている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com