online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Enhancing English Learners’ Writing Fluency and Lexical Richness Through Timed Blogging

Page No.: 
9
Writer(s): 
Gilbert Dizon, Himeji Dokkyo University

 

This study looked into the effects of timed blogging on L2 writing fluency and lexical richness, i.e., the degree in which a student is able to use a varied and large vocabulary (Laufer & Nation, 1995). The participants consisted of nineteen low-level and intermediate EFL learners at a university in Japan. The students wrote timed blog entries twice a week on a wide-range of topics over the course of 12 weeks. Pre- and post-tests were administered to determine the impact the blogs had on the students’ writing development. Results of the analysis revealed that the blogs had a positive effect on both writing fluency and vocabulary use. Not only do these findings confirm the results found in previous studies concerning blogs and vocabulary enhancement (Fellner & Apple, 2006; Nakatsukasa, 2009), but they also clarify conflicting research regarding the effect that blogs have on writing fluency (Fellner & Apple, 2006; Nakatsukasa, 2009). 

本論は、第2言語のライティングの流暢さと語彙の豊かさ、すなわち多様で広範囲な語彙を用いることができる度合(Laufer & Nation, 1995)が、限られた時間内でのブログへの書き込み(timed blogging)に与える影響を調査した。被験者は英語を外国語として学ぶ初級から中級レベルの日本の大学生19名である。学習者は限られた時間内で、ブログに週に2回書き込みを行った。書き込むトピックは多岐にわたり、コース期間中の12週間続けられた。ブログへの書き込みが学習者のライティング力向上に与えた影響を測定するため、事前試験と事後試験を実施した。分析の結果、ブログへの書き込みはライティングの流暢さと語彙使用の両方において、非常に良い影響を及ぼしたことが明らかとなった。これらは、ブログへの書き込みと語彙の増加に関する先行研究(Fellner & Apple, 2006; Nakatsukasa, 2009)の結果を立証するだけではなく、ブログへの書き込みがライティングの流暢さに与えうる効果に関しては、先行研究(Fellner & Apple, 2006; Nakatsukasa, 2009) の相反する研究結果をより明らかにした、つまり、本研究の結果がその効果を明らにした。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com