online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

L1 use in instructions for low-level learners

Page No.: 
3
Writer(s): 
Leigh McDowell, Temple University, Japan Campus

Abstract
This study examined the effects of L1 use in instructions for low-level proficiency, senior high school students. The following three treatments were given to participants in an independent groups study: (a) all English instructions, (b) English before Japanese instructions, and (c) Japanese before English instructions. Task performance and rating of understanding were measured. One-way ANOVA showed a significant difference in both task performance and rating of understanding for groups receiving L1 support compared to those receiving all English instructions. No significant difference was found between the English before Japanese pattern and the Japanese before English pattern. Additionally, the participants were surveyed for their preferences for L1 use in instructions. A clear majority (89.68%) preferred some form of L1 support.
この研究においては、英語熟達度の低い高校生を被験者として言語タスクを行わせる時に、日本語を補助的に使用した場合の効果を分析した。それぞれ別のグループに対して、3種類の異なったパターンによる指導(a.英語のみを使用、b.英語を使用した後、日本語を使用、c.日本語を使用した後、英語を使用 )を行い、その課題達成度と理解度を測定した。一元配置分散分析(one-way ANOVA)によると、指導がすべて英語でなされたa.のグループに比べて、日本語が補助的に使用されたb.、c.のグループに、課題達成度や理解度において顕著な差異が見られた。なお、b.とc.のように日本語使用と英語使用の順序を変えても、その結果に顕著な差異は見られなかった。また、日本語を使用した指導の是非について被験者に調査をした結果、彼らの過半数(89.7%)が、何らかの形での日本語のサポートを好んでいるという結果を得た。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com