online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Why exposure to prosody should precede the teaching of reading

Page No.: 
68
Writer(s): 
Meredith Anne Stephens, East Shikoku Institute of Socio-Arts and Science

 

Abstract

Japanese students of EFL typically demonstrate superior reading comprehension to oral skills. This is a reflection of an examination system weighted in favour of reading comprehension skills (see Garant, 2000). However attaining reading comprehension skills without an oral foundation is burdensome (Watanabe, 2002) and typically requires considerable memorization. Studies of first language acquisition indicate the formative role of prosody in developing reading comprehension. (Fox, 2010, Whalley & Hansen, 2006).  Japanese EFL learners would benefit from increased exposure to prosody in order to develop reading comprehension more efficiently.

外国語として英語を学習する日本人学生は、通常、会話力よりも読解力が優れている。読解力に重きを置いた入試の在り方が反映されているからである。しかし、会話の基礎力がない状態で、読解力を伸ばすのは、学生の負担になり、通常、相当な丸暗記が必要になる。第1言語と第2言語の習得に関する研究では、読解力を伸ばす上での音素認識と韻律の役割が指摘されている。つまり、このふたつが読解学習の前提条件とみなされているのである。第1言語学習者が頻繁に音読を聞かされるのと同じく、日本の子どもたちに、読解力をより効率的に向上させるのに役立つよう、音読を頻繁に聞かせるべきである。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com