Using a Commercially Produced Proficiency Test in a One-Year Core EFL Curriculum in ]apan for Placement Purposes

Page No.: 
5
Writer(s): 
Brent Culligan, Seigakuin University; Greta Gorsuch, Mejiro University

Erl. progrilm administr<ltors have two general testing options for placement of
students: commercially produced proficiency tests or loca lly developed tests.
This study focuses on the use of a commercially produced proficiency test (the
Secondary Level English Proficicncy® test) for student placement in a core EFL
program at a pri va te junior college and university in Tokyo. The resea rch was
conducted to judge the degree to which the use of the SLEP® test was appropriate
for student placement purposes. Pre- and post-test resu lts for 538 student,> were
analyzed for item facility, item discrimination, and item difference indices. It
was found that the test d id not appear to "fit" the students nor the program. The
authors urge the adoptiOn of supplemental placement procedures as well as the
development of more program-sensitive tests.

学習者の能力に応じた英語のクラス分けを行う際には、一般に普及している英語能力テ
ストを実施してその得点をもとに行う場合と、各英語コースが独自に開発したテストを実
施してその得点をもとに行う場合とが考えられる。本論では、日本の私立短期大学・大学
においてSecondLevel English ProficiencyTest (SLEP)を用いて英語のクラス分けを行ったケー
スについて論じる。
本研究の目的は、プレースメント目的でのSLEPの有用性を検証することである。538 名に
事前・事後テストを実施し、項目分析を行った結果、S LE P ⑧ 本研究被験者・英語コースの
いずれにも適合しないことが判明した。この結果をもとに、より妥当なプレースメン卜を
行うためにテストに併せて実施すべき補足的な事柄と、当該英語コースにより適合したプ
レースメント・テストの開発について言及する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com