Perspectives: English as a Lingua Franca and Its Implications for English Language Teaching

Page No.: 
173
Writer(s): 
Chit Cheung Matthew Sung, Lancaster University

 

In recent years, the use of English as a Lingua Franca (ELF) worldwide has given rise to the question of whether English as a Native Language (ENL) norms should continue to be used in the English Language Teaching (ELT) classroom. In this paper I explore the controversial issues surrounding the implications of ELF for ELT by considering the practicalities of language teaching and learning. I argue that ELF should not be seen as in competition with ENL or as a replacement of ENL for pedagogical purposes. Instead, ENL and ELF can play different but complementary roles in ELT. Although ENL may remain as the primary model for pedagogy as a point of reference, there is a need for teachers to raise students’ awareness of ELF use in reality, including the notion of language variation in ELF and the role of English in today’s world.

英語がリンガフランカとして世界中で使用されるに至り、ここにひとつの疑問が浮かび上がる。それは、母語としての英語(以下ENL)使用の基準が教室で英語を教える際に使われ続けてもいいのかどうか、という疑問である。本稿では、言語指導そして言語学習における実用性を念頭に、英語というリンガフランカ(以下ELF)の基準を英語教育(以下ELT)の指導に適用することをめぐる問題について考察する。筆者の考えでは、ELFをENLと競争関係にあるもの、あるいは指導を目的としたENLの代用として見なすべきではない。そうではなく、ENLとELFはそれぞれに異なった働きが、しかもELTの場で互いを補い合う働きがある。ENLは指導のための第一義的な参照対象であり続けると思われるが、その一方で、ELFの言語的多様性に対する考え方、そして現代社会における英語の役割を含めたELFの現実そのものを学習者が認識するよう、教師は努める必要がある。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com