online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Freewriting: Don’t Think Twice, It’s All Write

Page No.: 
9
Writer(s): 
Paul Tanner, Shiga University

Freewriting (FW) (also known as timed writing or quick writing) is a 10 or 15-minute writing activity used to originate ideas and eliminate writer’s block. It helps students develop and express content by separating idea generation from the editing stage. The activity aids writers in generating content, which can be used for later writings, and also teaches how to write under time pressure. In this paper, I will advocate the use of FW for EFL writing classes. One technique of guided FW will be defined and outlined. Then, the procedure for implementing this activity will be explained, including possible pitfalls. Finally, a list of potential topics will be provided, along with possible applications of how these ideas can be used and developed in writing assignments.

フリーライティング(FW) は、タイムドライティング、あるいはクイックライティングとしても知られ、10分もしくは15分で書き上げる行為である。アイディアの創造とライターズブロック〔創作上の行き詰まり)の払拭がその目的であり、構想段階を推敲段階から切り離すことで、学生が自らのアイディアを発展させ表現するのに役立つ。FWは文章の内容を生み出す助けになり、書いた内容は後に別のライティングでも使えるメリットもあり、限られた時間内でどのように書くかを学ぶこともできる。本論文では、EFLライティングの授業においてFWの採用を提唱する。一つの手法を定義付けその概要を述べた後、起こりうる難題も含め、実施の手順を述べる。最後に、使用可能が見込まれるトピックスのリストを掲載し、その応用として、これらのアイディアがライティングの課題でどのように用いられ、発展させられるかも論じる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com