The Effect of Teacher Verbal Feedback on Postgraduate Student Participation

Page No.: 
208
Writer(s): 
Yaowaret Tharawoot, King Mongkut’s University of Technology North Bangkok

Reference Data:

Tharawoot, Y. (2016). The effect of teacher verbal feedback on postgraduate student participation. In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), Focus on the learner. Tokyo: JALT.

In this study, effects of evaluative and interactional feedback strategies on student participation in postgraduate English classes were investigated. The research tools included observations, a questionnaire, and interviews. The results showed that the teacher used interactional feedback more than evaluative feedback. Among 6 evaluative feedback strategies, she used recasts, elicitation, and metalinguistic feedback more than the other strategies (explicit correction, clarification requests, and repetition). Moreover, elicitation was associated with more contributions from the students than the other strategies. Regarding the 3 interactional feedback strategies (reformulation, elaboration, and commenting), elaboration was used most often. Furthermore, commenting led to more contributions from the students than the other 2 strategies. The questionnaire data showed that the students were more satisfied with evaluative feedback strategies than interactional feedback strategies. They also thought that teacher verbal feedback encouraged them to participate orally. Finally, based on interview data, the students preferred evaluative feedback and interactional feedback equally.

本研究では、大学院の英語クラスの学生の授業参加に関する評価的および相互作用的フィードバック戦略の効果を調べた。研究手段として、観察、アンケート、インタビューなどを行った。調査結果は、教員は評価的フィードバック以上に相互作用的フィードバックを使用することを示した。6つの評価的フィードバック戦略の内、教員は、他の戦略(明白な訂正(explicit correction)、説明要求(clarification requests)、反復(repetition)など)よりも、リキャスト(recast:さりげなく言いなおすこと)、導き出し(elicitation)、メタ言語フィードバック(metalinguistic feedback)を多く使った。さらに、導き出しは、他の戦略よりも学生の参加を促した。三つの相互作用的フィードバック戦略(言い換え(reformulation)、推敲(elaboration)、コメント(commenting))に関しては、推敲が最も多く使われた。さらに、コメントは、他の2つの戦略に比べ、学生の参加を最もよく促していた。アンケートデータによると、学生が最も満足していることを示したのは、 相互作用的フィードバック戦略よりも評価的フィードバック戦略であった。学生たちは、教員の口頭によるフィードバックが彼らの会話を促してくれたと考えていた。また、インタビューデータは、学生は平等に評価的フィードバックと相互作用的フィードバックを気に入っていることを示した。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com