Using Pop Culture to Teach HIV/AIDS Awareness

Page No.: 
323
Writer(s): 
Damian Lucantonio, University of Electro-Communications

The purpose of this paper is to show how pop culture can be used to raise awareness of HIV/AIDS. The first part focuses on a lesson taught in a university English class. Data indicate that HIV/AIDS is a problem in Japan and that there appears to be a lack of awareness of this among students. A lesson outline is then presented, followed by student feedback. The second part of the paper describes a workshop in which participants analyzed and discussed music videos and movie segments from pop culture. The focus is on the action in the videos, not the lyrics or words. The aim is to identify the main reasons why pop artists think HIV/AIDS is a problem, with a view to taking preventive action. Finally, the conclusion highlights the role that pop culture can play in raising awareness of the HIV/AIDS issue.

本稿の目的は、HIV・エイズ問題への意識を高めるために、ポップカルチャーがどのように使えるかを示すことである。 背景情報に続き、本稿の第1部では、大学の英語クラスでのレッスンに焦点を当てる。HIV・エイズが日本で問題となっていることを示すデータはあるが、これに対する学生の意識は欠落しているようである。 次にレッスンの概要が提示され、学生からのフィードバックがその後に示される。第2部では、ポップカルチャーから選んだミュージックビデオや映画の一部を参加者が分析し話し合うワークショップの説明を行う。その際、歌詞やセリフではなく、登場人物の行動に注目するが、それはポップアーティストがHIV・エイズを問題だと思う主な理由を特定し、予防につなげるためである。最後に、ポップカルチャーがHIV・エイズ問題への意識を高める上で果たす役割を強調する結論が提示される。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com