online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Kokusaika, kokusaijin and international programs: A pilot study

Writer(s): 
Niculina Nae & Soonhee Fraysse-Kim

The paper presents the results of an empirical study which examines the effectiveness of the international programs offered by Nagoya University of Commerce and Business (henceforth NUCB) against the background of a growing demand for globalization and internationalization in higher education. Currently NUCB offers five international programs. The present study aims at identifying the impact of these programs upon the participants’ general knowledge as well as upon their perception of themselves, their country, and foreigners or foreign countries. The study is based on a questionnaire administered before the participants’ departure and after their return. The questionnaire sheds light on the changes in the students’ knowledge and perception as a result of their international experience. Surprisingly, overall results indicate a renewed appreciation of Japan rather than an increased openness towards other countries and cultures.
現在日本では、国際的通用性がある人材育成のための大学の役割が高く求まれている。このような状況の下、名古屋商科大学では国際教育の一環として様々な国際プログラムを実施している。本稿は、本大学が実施している5つの国際プログラムの教育的効果を検討するため行った実証的研究の結果報告である。研究の目的は、国際プログラムへの参加経験が学生の知識や自己・自国・国際意識にどのような影響を及ぼしたかを調査し、国際プログラムの教育的有効性を測ることにある。調査は、プログラム参加学生を対象に海外出発前と後にそれぞれアンケートをとり、その結果を数量的に比較・分析する方法を用いた。分析結果からは、現状のプログラムは、学生の外国や海外文化に対する意識の変化に比べて自国の良さや自国文化の再認識においてより効果的であることがわかった。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com