online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Training for seeking internships abroad

Writer(s): 
Stella Yamazaki & Tatsuroh Yamazaki

 
In good economic times courses which teach students job-hunting skills for employment abroad may appeal to those with strong L2 goals. In bad economic times, such courses might be perceived as unrealistic. We report on the rejection of such a course by an entire class of lower-level, non-English university majors; our literature search to clarify student motivation, and the successful program of study that ultimately resulted. The theories of Dörnyei (2009) on the Ideal L2 Self and the investigation of Egbert (2003) into flow in the language classroom were of vital importance in constructing the new course. While small student numbers did not allow us to draw firm conclusions, the results obtained from our experience could fuel further research into the role of the ideal self and flow in language learning motivation.
外国で就職活動をするためのスキルを教えるコースは、景気が良い時なら、語学修得への動機づけが強い学生たちにとって有用かもしれない。しかし経済不況の下では、そのようなコースは現実的ではないと受け取られるおそれもある。本稿では、英語専攻ではない低いレベルのクラス全体がこうしたコースを拒否したこと、学生の動機づけを明確にする過去の論文について、そして最終的に成功につながった学習プログラムについて報告する。成功した新しいコースの構築には、「第二言語学習において、なりたい自分」に関するドルニェイの理論(2009)と、語学クラスにおけるフローに関してのエグバートの調査(2003)が決定的に重要であった。被験者が少数なので決定的な結論は出せないが、この研究の結果が、語学学習の動機づけにおける「なりたい自分」と「フロー」の役割について、今後の研究の契機になることを願っている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com