online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Product placement in a process syllabus: Designing a university course in Current Affairs English

Writer(s): 
Tim Marchand

This paper looks at the steps taken in the design of a university course in “Current Affairs English.” Following a framework proposed by Graves (2000), the paper examines some of the personal choices made by the teacher in terms of defining the context, conceptualizing content, assessing needs, and developing materials, among other things. The paper describes how these choices led to the design of a course that combined elements of a process-based syllabus with those of a product-based one. It also makes reference to the teacher’s research diary and argues that such a diary can be a useful tool for course design.
この論考では、大学の「時事英語」コースを設計するにあたって取った対策について考察する。グレイブズの提唱する枠組み(2000年)に従い、本論考では、特に「文脈を定義すること」、「内容を概念化すること」、「教材を開発すること」そして「ニーズ・アセスメント」という点で教師がした選択のいくつかを吟味する。本論考では、これらの選択によって、プロダクト・ベースのシラバスの要素とプロセス・ベースのシラバスの要素を組み合わせたコースの設計にどうやって至ったのかについて述べる。また、教師の研究日誌を照会し、このような研究日誌がコース設計において有用なツールになり得ることについても論ずる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com