online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

The 24-Hour English-Only Challenge: Creating an English Environment Outside the Classroom

Page No.: 
662
Writer(s): 
Kelly Butler, Terakki Foundation School, Istanbul; Jon Watkins, Kwansei Gakuin Daigaku, Uegahara Campus; Michael Wilkins, Ritsumeikan University

 

A common refrain among Japanese EFL students is they cannot practice speaking English outside English classrooms because their ordinary surroundings are not conducive to English use. This paper details the “24-Hour English-Only Challenge,” an extracurricular activity through which students can operate in an English-Only environment where the target language is practiced extensively. The challenge is designed to enable students to expand their English-Only bubble outside the classroom and into their everyday Japanese lives. Although the 24-Hour English-Only Challenge can be implemented in a number of different learning institutions, our research focuses on English programs associated with university campuses. Results from a 24-Hour English-Only Challenge conducted by teachers at Kansai University of International Studies will be given. The intense nature of the 24-Hour English-Only Challenge can help foster learner-autonomy and promote cross-cultural communication all while challenging previous apprehensions about how harmoniously English can be integrated into their everyday lives.
 
日本のEFL学生の英語習得を阻む要因として、英語の使用が促進される生活環境ではなく、英語クラス以外で英会話を実践できないという点が挙げられる。学生が英会話を実践する環境を見つけるのが困難であるのに加えて、教師が教室外の英会話の実践に影響を及ぼすことが困難でもある。本論文では、学生が英語のみの環境で対象の言語を集中的に実践できる課外教育プログラム「24時間チャレンジ(24-Hour Challenge)」について説明する。このプログラムは、学生が英語のみの会話を教室外や日常生活に広げていくことを促進し、可能にするためのものである。この24時間チャレンジは多くの教育機関で実施することができるが、本研究では大学キャンパスの英語プログラムに焦点を当てており、関西国際大学において最近実施した24時間チャレンジの結果について報告する。24時間チャレンジの集中性により、学習者の自主性、異文化間コミュニケーションが促進され、学生をよりよい地球市民にする一方で、いかに調和的に学生の日常生活に英語を溶け込ませることができるかについて、従来の考えに対して異議を唱える。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com