online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Self-Directed Internet-Based Extensive Listening Portfolios

Page No.: 
516
Writer(s): 
Nathan Ducker, Ritsumeikan Asia Pacific University

 

To successfully learn a language, lots of language input is necessary. However, Japanese university students have limited class hours, in which teachers need to balance many activities, such as communication practice, grammar explanations, and feedback. This paper reports on one teacher’s efforts to give students enough input through extensive listening portfolios that were used as homework for 2 semesters. The portfolio utilizes materials widely available on the Internet to primarily focus on extensive listening while giving opportunities for form-focused practice, output, and negotiated interaction. I describe student reactions to the portfolios, teacher observations about the success of the portfolios, subsequent adjustments to the portfolios, and recommendations for further improvements to the portfolios.

学習者のアクションは、言語学習の成功の中心となるが、テストとは、教師やカリキュラム設計者が、学生にやる気を起こさせる為に使用する学習過程で重要なもので、学生が自分の進捗状況を知り、テスト前後の学習を高めるのに役立つものである。それ故、より効果的に実施されたテストでは、学生の学習活動にプラスのウォッシュバック効果をもたらすはずである。テストの過程から最大限の利益を得る為に、課題を実施し採点した後、よりよいフィードバックをする事で、学生はさらに良い学習習慣を生み出し、注意を必要とする分野に努力を集中させる事ができる。この論文は、1学期において8つのスピーキング課題を実施し、質の良い練習課題を数多くこなす事によって、テスト前後の学習者の発達を促しスピーキングプログラムの効果を向上させる為に、教師/研究者がデータを収集した日本のある私立大学のスピーキングプログラムの評価をレポートしたものである。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com