online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Researching Out-of-Class Activities for Group Work

Page No.: 
437
Writer(s): 
Raymond Yasuda, Soka University

With the spread of content-based and EAP programs either simulating western education or preparing students for study abroad, L2 group work has increased within Japan. The increase of such assignments has created a need to investigate L2 project work in the Japanese context. A qualitative investigation through observations, in-depth interviews, questionnaires, and analysis of course documents was conducted into the out-of-class group work in an English-medium EAP class. The objective of the study was to identify the challenges students faced in out-of-class project work, the autonomous strategies used to overcome those challenges, and the additional support deemed necessary. The findings could inform curriculum choices for programs designed to prepare students for academic success in study abroad contexts.

欧米式教育を促進し海外留学準備としても有用な、内容重視型言語教育や学術英語プログラムが、日本の英語教育現場において普及している。その中で、欧米型グループワークを課する機会も増加しているが、日本でこの欧米式教授法が成功していくためには、グループワークを行う上での学習者のニーズを把握する必要がある。本稿では、大学の学術英語クラスで課されたグループワークに関して行った質的調査の結果を報告する。本研究では、観察・インタビュー・アンケート・学習者の提出物の分析を通して、学習者らがグループで授業外課題に取り組む中で直面した問題は何か特定し、その問題を乗り越えるために学習者らはどのような自律的方略を用いたか、また、グループワークを課す際にどのようなサポートが必要であるかを分析した。分析によって得られた結果は、海外留学で成功できる学習者を育成するため、今後のカリキュラム決定において有益となりうるものであった。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com