online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Experiences of Japanese Writing Instruction: Beliefs About Rhetorical Organization

Page No.: 
509
Writer(s): 
John Bankier, Soka University

For teachers of writing, text organization can be difficult to teach. Learners can produce texts that differ from what teachers expect in structure and style. In the past, this has been attributed to transfer of cultural writing patterns, but today most view experience of instruction as a more important factor. In this paper is described a questionnaire (N = 71) conducted to better understand the depth and type of experience Japanese students have of writing instruction in their first language. It demonstrated that many students in Japan have had little instruction in writing in their first language, and what instruction they have had was generally focused on expression rather than organization. In addition, participants’ preferences for particular organizational patterns suggest that this lack of experience, rather than cultural transfer, leads to challenges in learning English writing.

ライティングの教師にとって、文章の構成を教えることは困難である。学生は、教師たちの期待とは異なる文章を書く。多くの場合、スタイルと構造が異なっている。過去には、それは文化に特有なライティングパターンの転移が原因と考えられた。しかし、今日、大部分の人が、指導の経験が、より重要な要因であるとみなしている。本論文では、日本人学生の母語におけるライティング指導の経験の深さとタイプをよりよく理解するために実施されたアンケート(N = 71)について説明する。アンケートは、日本の多くの学生は、第一言語では、ほとんどライティングの指導を受けていなかったということを示した。また、彼らが受けた指導は、通常、「構成(organization)よりはむしろ「表現(expression)」に集中していた。さらに、ある特定な構成パターンに対する参加者の好みについては、文化的なものの転移というより経験の欠如が、英語で書くことを学ぶ時の困難さにつながるということを示した。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com