online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Student and Teacher (Mis)Matching L1 Preferences Over Time

Page No.: 
284
Writer(s): 
Eleanor Carson, Hiroshima City University

This study was a longitudinal investigation of student and teacher matching and mismatching attitude changes regarding EFL teachers’ use of the students’ L1 (Japanese). Researchers have previously explored student preferences and teacher belief matches and mismatches (Carson, 2014) and attitude changes over time (Burden & Stribling, 2003). However, longitudinal research comparing EFL student preferences and their teachers’ beliefs regarding teacher L1 use is lacking. Students and teachers at 13 Japanese universities participated in surveys in April, July, and January of one academic year to find out if their matches and mismatches change over time. The results show that student preferences and teacher beliefs are mismatched concerning the use of L1 in grammar instruction and review of previous lessons, and responses differ significantly for grammatical instruction, requirement clarification for tests, and review of previous lessons. Effect sizes between students and teachers decreased over time. I conclude the paper with pedagogical recommendations.

本研究は、EFL教員の学習者のL1〔日本語)使用に関する学習者と教員の考えの一致・不一致が変化しうるかどうかを長期的に調査したものである。先行の横断的研究では、学習者と教員のL1使用に対する意識の一致・不一致(Carson, 2014)や、その意識の経時変化(Burden & Stribling, 2003)が調査されてきた。しかし、EFL学習者の好みと教員のL1使用に関する信念とを長期的に比較検討する研究はなかった。本研究では、学習者と教師間のこうした一致、不一致が経時的に変化するかどうかについて、日本の13大学の学生と教師を対象に、年3回(4月、7月、1月)、調査を実施した。その結果、文法指導と既習内容の復習の際のL1使用については学習者と教員の意識は概して不一致であること、さらに文法説明、試験についての説明や既習内容の復習の際にL1を使用するかどうかについては大きな違いがあることがわかった。学生と講師との差に関する効果量は時間の経過に伴って小さくなっていった。本研究では最後に、今後の研究に対する教育的な提案や示唆を提示している。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com