Learning About PBL From Foreign Students

Page No.: 
402
Writer(s): 
Gregory V. G. O’Dowd, Hamamatsu University School of Medicine

Why do most Japanese medical students struggle with problem-based learning (PBL), yet their overseas counterparts describe it as a very successful educational innovation? In this paper, I examine and analyze information gathered from 6 Japanese students’ regarding their experiences participating in foreign PBL medical workshops and what they learned from their interactions with medical students outside Japan that they believe can be applied in Japanese medical schools.

海外の学生がチュートリアル教育(PBL)を革新的な教育として非常に成功していると述べているのに対して、日本の医学生の多くがこれに苦労しているのはなぜだろうか。著者はこれまで日本の大学においてどのようにPBLが発達してきたのかを調査してきたが、本論文においては、日本の学生が海外のPBL医学ワークショップに参加してどのような意見を持ったのか、また、海外の医学生とやり取りをする中で学んだことがどのように日本の医学部に適用できると考えているのかを記述し、分析する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com