online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

From Theory to Practice: Reading EAP Literature Using Critical Theory

Page No.: 
500
Writer(s): 
Neil Addison, Tokyo Woman’s Christian University

Teachers of English for Academic Purposes (EAP) classes in Japanese universities often use authentic English literature to develop students’ reading skills, but the cultural contexts found in such literature can, if left unpacked, create comprehension problems, unsettling even proficient language learners. For Japanese students to attain a broader comprehension of authentic literary texts, acquiring a deeper knowledge of the cultural discourses that underpin English literature is important. I taught mediated literary critical theory to a group of sophomore EAP literature students at a university in Tokyo and in this paper I illustrate how I used simplified Marxist criticism to scaffold students’ learning by emphasizing and recycling key vocabulary as well as using Internet resources. I also describe how students applied critical theory reading skills to a short story, and I finish with a summary of student reactions to the course.

日本の大学のEAPクラスでは、学生の読解力を向上させるために英文学をよく利用している。しかしながら、例え英語力の高い学生でさえ、文学の中に存在する文化を理解する問題に直面する。日本の学生が英文学を理解するためには、その裏に隠されている文化を理解する事がとても重要である。この論文は、東京のある大学の2年生のEAP英文学のグループに英文学の批評理論を教えているコースについて紹介する。論文ではウェブサイト2.0のインターネット技術を利用して、どの様に英文学の中の鍵となる単語を教えているかを説明する。また学生がいかにこれらの批評理論を応用して、短編集を読むときに利用したかを述べる。最後に、このコースに対する学生の反応について説明する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com