online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Reader's Forum: Machine translations revisited: issues and treatment protocol

Page No.: 
25
Writer(s): 
Harry Harris

 

Abstract

Machine translation (MT) is a pedagogical issue in second language (SL) writing because student use means less engagement with the target language and diminished chances to learn it. It is also a quality issue because current MT technology is imperfect. This paper examines these issues, arguing that the current research-backed process writing methodology does not generally support student submissions of MTs for writing assignments. It also demonstrates several language problems resulting from MTs. Although MT can be valuable for business, government, and personal purposes, SL writing teachers should discourage student use of the technology.

機械翻訳(MT)は第2言語(SL)ライティング学習における教育上の問題となっている。その使用により、学習者が目標言語(TL)に関わることがより少なくなり、その言語を学ぶ機会を減少させるからである。また、現在のMT技術は不完全であり、その質も問題である。本論ではこれらの問題を考察し、現在の研究に裏づけされたプロセス・ライティング方法論は一般的に、学習者のMTを使ったライティング課題提出を支持しないと論ずる。また、MTにより生ずる数々の問題も実証する。MTはビジネス、行政や個人的な目的には大変役立つかもしれないが、SLライティング指導者は、学習者にMT使用を止めさせるようにすべきである。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com