online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

JALT2013 Plenary Speaker article: A voyage of discovery

Page No.: 
3
Writer(s): 
Penny Ur, Cambridge University Press

 

Abstract 

Learning is indeed a lifelong voyage: a voyage of discovery. As teachers, we learn as we travel on; and the main goal is not to reach a destination, but rather the experience of the voyage itself and the knowledge, insights and skills that we acquire on the way. This plenary talk provides an opportunity for me to share with the audience my own voyage of discovery as a teacher and teacher educator: some of the key events in my professional life and their learning outcomes. These events are things like turning-points in my own early teaching career, encounters with memorable personalities, exposure to key books and articles. The learning outcomes are sometimes theoretical–principles that have informed my teaching ever since–and sometimes practical: techniques and procedures that work. I hope these will resonate with the audience and perhaps trigger further discussion and personal learning.

学習は一生続く旅、発見に満ちた航海のようなものである。教師として、我々は旅をしながら学んでおり、主な目標は、目的地に到着することではなく、航海そのものの経験や途中で獲得する知識、洞察力やスキルである。この基調講演は、教師でありティーチャートレーナーでもある私自身の航海を聴衆と分かち合う機会とし、私の職業人生のいくつかの重要な出来事とその時々の学習の結果を紹介したい。それらの出来事とは、教師というキャリアの初期の頃のいくつかの岐路や転機であり、記憶に残る忘れられない人々であり、素晴らしい本、記事や論文との出会いである。学習の結果とは、時には、ずっと私の教育方針に情報を与えてくれる理論的原理であり、時には、うまく行く授業テクニックや手続きなど実用的なものだったりする。これらの話題が、聴衆と共感し、場合によっては、さらなる議論や個々人の学習のきっかけになることを望んでいる。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com