online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Challenges and possibilities in tutorials in a writing center in Japan

Page No.: 
17
Writer(s): 
Maiko Nakatake, The University of Tokyo

In recent years, interest in English writing centers as a support service for students’ writing beyond the regular curriculum has been growing in Japanese universities. Our writing center at the University of Tokyo was established under a first-year scientific English writing course in 2008. Our writing center offers tutorial sessions for students’ L2 (English) writing in L1 (Japanese) on a one-to-one basis. This article provides a brief introduction to our writing center and describes the challenges that tutors face, which are unique to writing centers in contexts where English is a foreign language. In this article, I would like to focus on three major points: the issue of grammar correction, tutors’ English proficiency, and tutees’ unfamiliarity with the writing center and tutoring style. This article also discusses the roles and possibilities of writing centers in Japan for both tutors and students.

近年、日本の大学において、正規課程外で学生の英語ライティングを支援する機関として、ライティング・センターへの関心が高まっている。東京大学のライティング・センターは、2008年に、理科系1年生のための英語アカデミック・ライティング・プログラムのもとに設立され、学生の科学英語論文に対するチュートリアルを1対1の形式で、日本語で提供している。本論では、本ライティング・センターの取り組みを紹介し、さらに現在直面している3つの問題点(文法の修正に関する問題、チューターの英語力に関する問題、学生のライティング・センター及びチュートリアルに対する認知度の低さの問題)に焦点をあてる。また、EFL環境下にある日本のライティング・センターが学生とチューターの両方に与える影響を明らかにし、日本の英語ライティング・センターが果たす今後の役割と可能性について検討する。
 

PDF: 
Website developed by deuxcode.com