online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Group size in the reading classroom

Page No.: 
3
Writer(s): 
Rachael Ruegg, Kanda University of International Studies

 

Abstract

In English language teaching, there is a tendency to promote four as the ideal group size. Outside of the field of English language teaching no particular group size seems to be favoured. Although the primary purpose of small groups in the classroom is pedagogical, there are also social aspects which must be taken into account. As educators, we need to find a balance between making learners feel comfortable in order to increase their confidence and maximizing language acquisition, which may entail pushing learners beyond their comfort zone. The present study examines group size within the context of an English language reading programme. The learners completed reading comprehension activities in groups ranging from two to six members. Scores on the reading comprehension activities were collected. The learners also completed questionnaires about their preferences regarding group size. The results from the questionnaire were compared with the reading comprehension scores.

英語教育では、4名のグループを理想的とする傾向がある。英語教育以外では、そういった傾向は見受けられない。クラスでの小グループ形成は教育学的であるが、考慮すべき社会的側面も存在することを頭に入れておかなければならない。私達は教育者として、学習者の自信を増進させるために、彼らを快適な環境に置くことと、言語習得を最適化するために「快適」ゾーンの外へ学習者を押し出すこととの間のバランスを探る必要がある。本論では英語リーディング・プログラムにおけるグループのサイズについて検証している。学習者は2名から6名のグループでリーディング学習活動を終え、その学習活動のスコアが集計されている。学習者はグループのサイズに関するアンケートも完成させ、そのアンケート結果とスコアの結果が比較されている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com