online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Feature Article: The mechanization of teaching: Teachers’ metaphors and evaluation in Japanese tertiary education

Page No.: 
3
Writer(s): 
Peter Burden

Abstract:
Twelve ELT university teachers reflected, through using metaphors, in interviews about the use of Student Evaluation of Teaching surveys (SETs) in their respective universities. Studying teachers' metaphor reveals their first-hand experience of how they were affected in their teaching by SETs. Metaphors suggest that SETs do not match teachers’ conceptions of teaching as an art. Such evaluation has caused relations between teachers, administrators, and students to fracture due to competitive ranking. While participants accept formative evaluation as a necessary process to give insights to teachers, they wish for a more open, improvement-focused, cooperative, specific evaluation. They want more teacher involvement and more dialogue between teachers to discuss the results of SETs to aid the reflective process for change.
大学でELT担当の12名の教師にインタビューを実施し、各自の大学での学生による授業評価(SETs)についてメタファー(比喩)にて述べてもらった。教師のメタファーは、学生による授業評価(SETs)で各々の教え方にどのような影響があったかの率直な考えを表している。メタファーは、学生による授業評価(SETs)と教師側の技術としての‘教える’という考え方は合致しないということを示唆している。このような評価は、競争的な評価をすることで教師側・大学当局側・学生側の関係を壊している。被験者(つまり学生)側が必要な過程として形成された評価を受け入れて、教師側に新たな教育的ひらめきをもたらさなければならない、その一方で被験者側はより開放された、改善を目的とした、連携された、特定の評価を望むのである。被験者側のコメントでは、教師側の更なる向上の必要性、また教師側と学生による授業評価(SETs)の結果について意見交換をし、授業の変化をもたらせたいとしている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com