JALT Junior: Not just for children’s teachers anymore

Writer(s): 
Lesley Ito, BIG BOW English Lab

 

JALT Junior not only continues to meet the ever-changing needs of children’s EFL teachers; it is also expanding its horizons to include other kinds of teacher who can benefit from its unique status!

In 1996, the Teaching Children SIG was created, to accommodate the large numbers of children’s EFL teachers in Japan who wanted to meet each other, share ideas, and further their professional development. It was soon realized that these teachers had different needs from other participants in the JALT National Conference: Most of them had to pay conference expenses out-of-pocket and they wanted reassurance that there would be many presentations and panel discussions that related to teaching children. Five years later, the first JALT Junior was held at the PAC3 in Kitakyushu, with 36 presentations. JALT Junior participants were pleased to be able to pay a lower conference rate so they could attend presentations only in the field of children’s EFL. Over the years, it has become increasingly successful; last year, there were 47 presentations over 2 days!

From the beginning, JALT Junior has always made a commitment to creating a conference that is bilingual, so as to attract more Japanese members. Many presentations are given in both English and Japanese and translations of presentation titles and summaries are provided. Last year’s panel discussion was in Japanese, with English support, and was very successful, attracting over 200 participants. On Sat Nov 21, 16:00-17:35, we will also have a panel discussion in Japanese, where we will hear from teachers about successful EFL programs already in place in Japanese public elementary schools. With EFL becoming a compulsory subject in elementary schools from 2011, JALT Junior is in a position to lead the way.

Now, JALT Junior is entering a new phase by bringing under its umbrella presentations on teaching at junior and senior high schools, after it was realized that many of those teachers had the same financial concerns regarding attending a national conference. As JALT Junior has helped encourage many teachers of children over the years and has contributed to the growth of the TC SIG, we hope this new partnership can also benefit the JSH SIG.

もはやJALT Juniorは、児童英語の先生だけのものではありません

JALT Juniorは児童向けELT教師の常に変化しているニーズに応えるだけにとどまってはいません。今年度はさらに発展を遂げ、そのユニークな形態を活用できる先生方の種類を増やしています。

1996年に、TC SIGは日本で英語を子どもたちに教えている多くの先生たちが、お互いの指導技術の向上や、意見交換などができる場として発足いたしました。TC SIGの会員のニーズは通常のJALT大会への出席者とは少し異なり、多くの先生方は参加費も自腹で支払い、このような大会に出席しています。だからこそそれに見合った、先生たちが実際に求めている児童英語教育のプレゼンテーションやパネルディスカッションが当然必要不可欠であることが判明しました。発足5年後にはじめてのJALT Juniorが36件のプレゼンテーションを企画して北九州のPAC3にて行われました。このJALT Juniorに参加した先生方は、児童のためのEFL分野のプレゼンテーションだけに参加する場合、参加費もリーズナブルになったことで満足していただいたことと思います。その後、みなさまのおかげでJALT Juniorも回を重ねるごとに充実したものになってきており、昨年には、2日間で47件のプレゼンテーションが行われ大成功といえる大会となってきております。

JALT Juniorは発足当初より、より多くの日本人に気軽に参加していただけるよう二ヶ国語で行われています。多くのプレゼンテーションは英語と日本語で行われ、また、タイトルや要約も日本語に訳されたものを用意させていただいております。また、昨年行われたパネルディスカッションは、日本語に英語訳のサポートをつけた形で行われ、200名を超える参加者があり、すばらしい成功を収めることができました。今年のパネルディスカッションは、11月21日(土)16:00~17:35に行います。皆様もご承知のように2011年には日本の公立小学校で英語が教科として正式に加わることになります。これに先駆けてJALT Juniorでは既に公立小学校で英語を教えている先生をお招きして成功例などを交えてパネルディスカッションを予定しております。

今JALT Junior は新しい幕開けとして、中学生、高校生に教えている先生方を迎え入れて、有用なプレゼンテーションなどを企画して行くことで、TC SIGの会としての幅を広げ、より充実した発展ができることを望んでおります。また同時にJALT全国大会参加に要する参加者の方の参加費を抑えることで少しでも多くの方に御参加いただくと同時に、JSH SIGとの間は、新しい友好関係を築き上げることで、お互いに多くを得て、英語教育の今後の発展を強く望む所存であります。

For further information, please contact Lesley Ito at <lesleyhiroyuki@kxa.biglobe.ne.jp>.

Website developed by deuxcode.com