online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Article: Interest and Prior Knowledge in Second Language Reading Comprehension

Page No.: 
149
Writer(s): 
John Eidswick

 

Abstract

The influence of interest on learning is well-established in educational psychology, but little interest research has been conducted in the field of second language (L2) learning. This study examined interest and an associated factor, prior knowledge, in relation to reading comprehension. Intermediate-level sophomore students in an English program at a private university in Japan (N = 23) rated their interest in and knowledge of 11 topics. Correlations between interest and prior knowledge were significant only for topics related to famous individuals. Participants read expository texts about selections from the topic list with high interest-high prior knowledge (HH), high interest-low prior knowledge (HL), and low interest-low prior knowledge (LL), then took multiple-choice comprehension tests. Analysis of Variance (ANOVA) procedures revealed significant differences between scores for the HH text and those of the HL and LL texts. Implications of correlations and test score differences are discussed, and suggestions for future research are offered.

興味・関心が学習に影響を与えることは教育心理学において十分に立証されているにもかかわらず、第二言語(L2)の学習においては、興味・関心に関する研究は従来ほとんど行われてこなかった。本研究では、英文読解に関し、興味・関心およびそれに関連する要因である事前知識についての調査を行った。日本の私立大学の英語プログラムにおいて、中級レベルのクラスで学ぶ2年次の学生(23名)が、11のトピックに対して自分が持つ興味・関心の高さと知識の量の格付けを行った。興味・関心の高さと事前知識の量の間には、著名な人物に関するトピックの場合にのみ、有意の相関が見られた。学生たちは前述のトピックの中から、興味・関心が高く事前知識が多い(HH)、興味・関心が高く事前知識が少ない(HL)、興味・関心が低く事前知識が少ない(LL)トピックを選び、それらに関する説明文を読んだ後、選択問題形式の読解テストを受けた。テストの成績に対して分散分析 (ANOVA)を行った結果、HHの説明文に対する成績が、HLおよびLLの説明文に対する成績と有意に異なっていることが明らかになった。これらの相関およびテストの成績の相違が意味するものについて考察し、今後の研究への提言を述べる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com