Global Education and Classroom Teaching: From CBI to EMI

Page No.: 
1
Writer(s): 
Paul Carty, Ryukoku University; Bernard Susser, Ritsumeikan University

As Japanese universities establish English-medium instruction (EMI) programs, EFL instructors are being asked to convert their content-based instruction (CBI) English classes into subject-matter courses taught in English for Japanese and international students. This paper presents a framework to implement this conversion based on five elements derived from the internationalization of higher education literature: curriculum, pedagogy, interaction, content/language, and assessment. After describing these elements we give two examples showing how the framework can be used. The original course was an EFL CBI course about Kyoto for Japanese students, emphasizing reading and presentation skills. This was converted using the framework first into a short-term Kyoto studies course for international and Japanese students, and then into Business and Society in Kyoto, a course in an EMI department. We conclude with some considerations regarding the role of EFL teachers in EMI programs.

日本の大学が(教授言語としての)英語で教える教育(EMI)プログラムを確立する中で、EFL指導者たちは海外からの学生や日本人学生への英語での授業を、内容重視の英語科目(CBI)の授業から、英語で教える学科の科目としてのコースへと変更することが求められている。この研究では、高等教育分野の国際化からもたらされた5つの要素(カリキュラム、教授法、相互作用、内容/言語、アセスメント)に基づいたこの変化の枠組みについて述べる。これらの要素について述べた後、枠組みがどのように使えるのかを見せるため、2つの事例を挙げる。当初のコースは、京都の歴史と文化を学ぶ、リーディングとプレゼンテーション技術に特化した日本人学生のためのEFL CBIコースであった。これはまず、「京都文化と歴史」として海外からの学生と日本人学生のための短期コースとして変更され、後に英語で教える専門科目教育のコースである「京都のビジネスと社会」に変更された。最後に、EMIプログラムにおけるEFL教員の役割について述べる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com